ゆがみカウンセラー協会

について

310451.png

姿勢が悪い、肩が何㎝下がっている、背骨が何度傾いている、骨盤が歪んでいるから腰や肩などが辛くなるのでゆがみを整えましょう!と見たり聞いたりしていませんか?

身体のゆがみは、体の状態を現す指標でありサインです!

ゆがみ × カウンセラー

(体の状態)

×

(読み解く)

ゆがみを整える事が目的ではなく

どうして歪んでいるのかを追求し

健康に導くアドバイスをする事が重要!

人には体質や体力、体型、栄養量、体温、​ホルモンバランス、エネルギー量、骨格、筋肉、ストレス量、生活習慣など​個体差があります!

ゆがみや体に現れる筋肉の反射点(筋肉の硬さ)などから、身体を見極め個体差にあったカウンセリングを行い、食事の摂り方や栄養素の補給を含め、体をトータル的に見直し、病気の予防や体の辛さに​対抗できる体作りを応援します!

751105.png

​辛い頭痛や肩が凝りやすい人を例にとってみると

 

内蔵の働きが低下して解毒しにくい人は右肩下がりの傾向があり、どちらか片側の肩や首が張りやすかったりします。

また内臓の働きの悪さが過食やよく噛まない事で負担をかけているケースは、猫背になりやすく肩や首に大きく負担をかけてしまいます。他にもストレスがある人、仕事が休めない人、ついつい頑張ってしまう人などは、交感神経優位で常に緊張している状態が長く続く事で、肩こりや頭痛が起こってしまうなど状況の違いは千差万別であり、ケア方法も多角的でなければなりません。

何がネックになっているのか、お客様の要望に応えるだけでなく、体の奥底まで読み解き、お客様自身が気づいていない事まで提案していく事が必要だと考えます。

ゆがみ

栄養学

4060880_m.jpg

栄養学もゆがみと深く関連があると考えられます。

​例えば、女性に多く聞かれる貧血やめまいなどで鉄不足が疑われる場合を良く聞くと思います。鉄の大きな役割として酸素を運搬する働きがあります。鉄が不足することによって、頭痛や動悸、立ちくらみ、肩こり、冷え、だるさ、疲れやすいなど多くの不具合につながるケースがあります。

酸素不足を補うために、特に呼吸補助筋の首の筋肉が酸素を取り入れようと、常に頑張って働くだけでも肩や首に負担をかける事で、頭痛やめまいが改善しにくい傾向につながります。そんな方の体を見ると、肩が盛り上がり、なで肩で巻き肩の傾向があります。

​ゆがみから観察し、体に必要な栄養素を取り入れたり、食事の方法を変えていくだけで、体のパフォーマンスのアップにつながるのです。

860615.png

ただ、単に鉄不足でも鉄を含む食材を摂ったり、サプリメントで補給すれば良いと言うものではありません。

常に交感神経が高い人などは、胃腸の働きが低下している状態で栄養素を入れても吸収しにくい、また体に炎症がある場合などは、逆に悪化してしまうケースなどもあります。

個体差に合わせた食事の摂り方や足りない栄養の補給方法なども合わせて、一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所認定の栄養アドバイザーが提案していきます。

​また、辛い症状にお悩みの方には、ゆがみだけでなく栄養療法(オーソモレキュラー栄養療法)を取り入れた病院での検査もお勧めしています!

オーソモレキュラー栄養療法.jpg

オーソモレキュラー栄養療法については下記から
https://www.orthomolecular.jp/