• 神戸 光一

手の感覚レベルを上げる

更新日:1月24日

体の情報を手から分かるようなセラピストになるために手の感覚レベルを上げる事が重要です。触り方ひとつ気を付ける事でも訓練になるかと思います。


今回は、下支えの手です。




フワッと支える手は心地よいですよね。


上から持つ手はセラピストの手に力が入りやすく、持たれたお客様も力が入り若干の緊張を生みます。ほんの些細なことかもしれませんが、施術をしている間すべてに気を配る事で大きな差になると思います。


練習のポイントは、相手に気付かれない程、スッと手を潜り込ませる事

忍者のごとく(笑)


特に男性の下肢は、重く引きずるような足の移動ではなく、女性の力でも膝の下支えと体の使い方一つで、スムーズに体制を変えられるのがベストです。


お客様に最高の癒しを提供するために、この投稿が何かのお役に立てれば嬉しいです!


閲覧数:3回0件のコメント